画家

  • JoAnne Hook
  • 坂井昇
  • 佐藤潤
  • 大杉真司
  • 濱中応彦
  • Markestel
  • 日下部和俊
  • Patrick Guicheteau
  • 小林大彦
  • 増島豊治
  • 吉岡耕二

書家

  • 高岡亜衣

写真家

  • 廣瀬秀彦
  • 山崎エリナ

音楽家

  • 山下有子

2009

gallery schedule-and-detail
マークエステル絵画展 10月30日(水)~11月5日(火)

*****************************************
令和元年10月30日(水)~11月5日(火)
山陽百貨店 5階 ギャラリー山陽
〒670-0912 兵庫県姫路市南町1番地
TEL:079-223-1231(代表)
午前10時~午後7時(最終日3時閉場)

作家来場
11月3日(日)・4日(月・祝)・5日(火)  最終日は午後3時閉場
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。

佐藤潤絵画展 10月16日(水)~10月22日(火)

*************************************
2019年10月16日(水)~10月22日(祝火)
神戸大丸7階美術画廊 
〒650-0037
神戸市中央区明石町40番地
TEL 078-331-8121
10:00am~20:00pm(最終日17:00まで)

生きものたちの魅力を独創的に描き出す画家、佐藤潤。絶望滅危惧種の動物たちや保護が必要な自然を描く他、動物にまつわる風習や吉祥などを作品の要素として取り入れることで新たな動物画の世界を創り出しています。自然環境への配慮から画紙にもこだわり、竹100%の手漉き和紙「竹紙」を使用しています。本展では最新作を含む30点を展示致します。是非ご高覧ください。

◇◆◇作家来場◇◆◇
10月18日(金)・19日(土)・20日(日) 午後1時~午後5時
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。
予めご了承ください。

小林大彦の描く世界 10月2日(水)~10月8日(火)

**********************************
2019年10月2日(水)~10月8日(火)
下関大丸 5階美術画廊
〒750-8503下関市竹崎町4-4-10
TEL083-232-1111
午前10時~午後7時30分(最終日午後4時閉場)

ヨーロッパの街々が持つ古い歴史と文化、そして美しい自然との調和に魅せられて渡仏した小林大彦。欧州でも高い評価をを受けた豊かな感性と描写で叙情あふれる作品です。油彩と水彩の作品を約30点ほど展示致します。
この機会に小林大彦の世界をぜひ、ご高覧下さい。

◆作家来場◆
10月5日(土)・6日(日) 午後1時~午後5時
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。

Kaoru Kobayashi in Kyoto 小林薫展 9月17日(火)~10月19日(土)

************************************************************
ランデヴーギャラリー Kaoru Kobayashi in Kyoto「小林薫展」
2019年9月17日(火) → 10月19日(土)
Au rendez-vous des artistes ランデヴーギャラリー
〒602-8158 京都市上京区下立売智恵光院西入ル中務町486
TEL 075-821-7200
午前11時~午後6時 (日曜日・月曜日は予約制)
入場無料/最終日は午後5時閉場

京都初の展覧会です。関西でも初めての「小林薫作品」をランデヴーギャラリ―で披露する運びとなりました。
空気や水の流れ、植物の曲線的な動きを墨、金銀粉、アクリル絵の具などでグラフィカルに表現しています。
どうぞこの機会に小林薫の世界をご高覧下さい。

第二回坂井昇日本画展~京洛を描く~ 2019年8月21日(水)~27日(火)

***********************************************
第二回坂井昇 日本画展 ~京洛を描く~
2019年8月21日(水)~27日(火)
松坂屋名古屋店本館8階美術画廊
〒460-8430 名古屋市中区栄3-16-1
TEL 052-251-1111(代表)
10:00~19:30(最終日は16:00閉場)

◆作家来場日◆
8月23日(金)24日(土)25(日)午後1時~午後5時
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。

古都・京都の風景や各地の美景、そして凛とした花々を、伝統ある日本画の技術で繊細に描き続ける坂井昇の世界を皆様に楽しんで頂ければ幸いです。

佐藤潤 絵画展 2019年7月17日(水)~7月23日(火)

***********************************************
佐藤潤 絵画展 ―新たなる花鳥百獣の世界―
大丸東京店10階美術画廊
〒100-6701 東京都千代田区丸の内1丁目9-1
電話:03-3212-8011
午前10時~午後8時
※木・金は午後9時まで(最終日午後5時閉場)

◆作家来場日◆
7月19日(金)・20日(土)・21日(日) 午後1時~午後5時
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。

生き物たちの魅力を色鮮やかに描き出す画家、佐藤潤。動物にまつわる風習や吉祥などを作品の要素として取り入れることで独創的な動物画の世界を創り出しています。近年は竹紙に描いた作品の他に屏風や貝合わせの制作も新たに始めており、国内外で大変注目されています。本展では最新作を含む30点を展示致します。この機会に是非ご高覧下さい。

JoAnne Hook ジョアン・フック絵画展 2019年7月2日(火)~8月10日(土)

***************************************************
2019年7月2日(火)~8月10日(土)
Au rendez-vous des artistes ランデヴーギャラリー
〒602-8158 京都市上京区下立売智恵光院西入ル中務町486
TEL 075-821-7200
午前11時~午後6時 (日曜日・月曜日は予約制) 入場無料
最終日は午後5時閉場

オーストラリア出身の女流画家ジョアン・フックの作品は、こころの安らぎや癒しを求める方々に多くの共感を得られています。独自の感性で大胆にも画面から飛び出した魚や鳥たちは生き生きと躍動感を感じさせてくれます。鮮やかな色彩とファンタジックな構図で仕上げたジョアン・フックの世界をぜひご高覧下さい。一部特別価格での販売もございます。

アンナ・ナンスキー展 2019年6月26日(水)~7月2日(火)

***********************************************
アンナ・ナンスキー展 ―記憶と色彩のパズル―
大丸東京店10階美術画廊
〒100-6701 東京都千代田区丸の内1丁目9-1
電話:03-3212-8011
午前10時~午後8時
※木・金は午後9時まで(最終日午後5時閉場)

独学でアクリル絵の具を使った創作活動を始めたアンナ・ナンスキー。
パリの日の光が降り注ぐ広く開放的なアトリエで制作をし、パリを中心
にフランス国内とニューヨークで活発に作品発表を行っています。
見るたびに、異なる色、あらゆる形を発見することのできる、不思議
で驚きに満ちた彼女の絵をこの機会にぜひご高覧ください。

マークエステル展 2019年6月27日(木)ー7月3日(水)

*************************************
マークエステル展
アールグロリュー ギャラリー オブ トーキョー
〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5階
TEL 03-3572-8886
午前10:30~午後8:30(最終日午後6時閉廊)
※アールグロリューは、株式会社大丸松坂屋百貨店が運営するギャラリーです。

◆作家来場日◆
各日 午後1時~午後5時
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。

水墨画の美しいにじみを油絵で表現する技法を独自にあみだし、
世界で高い評価を受けているマークエステル。神社奉納奉納活
動で神社本庁からも表彰され、世界に向けて日本の精神文化を
紹介する姿勢が評価され「文化関係者文部科学大臣表彰」を受け
日本神話の魅力を発信し続けています。
豊かな色彩で花々や風景などの自然の美しさと、自然を大切に
する日本神話の世界を題材に描いた作品などの数々をこの機会
にぜひご覧ください。

佐藤潤 絵画展 2019年7月3日(水)ー9日(火)

*************************************
佐藤潤 絵画展 -新たなる花鳥百獣の世界ー
大丸心斎橋店北館12階美術画廊
〒542-8501 大阪市中央区心斎橋1-7-1 北館12階美術画廊
TEL 06-6171-1231
午前10時~午後8時半(最終日午後5時閉廊)

◆作家来場日◆
7月5日(金)、6(土)、7(日)、午後1時~午後5時
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。

生き物たちの魅力を色鮮やかに描き出す画家、佐藤潤。
動物にまつわる風習や吉祥などを作品の要素として取り入れることで
独創的な動物画の世界を創り出しています。
近年は竹紙に描いた作品の他に金屏風や銀屏風の制作も新たに始めており、
国内外で大変注目されています。

馬渕晃子作品展ーたまゆらー 2019年5月14日(火)~6月29日(土)

***************************************************
2019年5月14日(火)~6月29日(土)
Au rendez-vous des artistes ランデヴーギャラリー
〒602-8158 京都市上京区下立売智恵光院西入ル中務町486
TEL 075-821-7200
午前11時~午後6時 (日曜日・月曜日は予約制) 入場無料
最終日は午後5時閉場

めまぐるしく流れ行く時間の中で、ふと立ち止まって自然と向き合いたい。
季節の変わり目に今までとは微かに違う香りや音、
光や湿度等、小さな変化を感じる。
ほんの少し豊かな気分になる。

パトリック・ギシュトゥ絵画展 2019年6月19日(水)~25日(火)

*************************************
パトリック・ギシュトゥ絵画展 ―パリからの風―
大丸京都店 6階美術画廊
〒600-8511京都市下京区四条通高倉西入立売西町79番地
TEL075-211-8111
午前10時~午後8時(最終日午後5時閉廊)

フランスのパリを活動拠点にする洋画家パトリック・ギシュトゥ。花や林檎、人物をモチーフにし、幻想的で詩的な画風で描きます。繊細で色彩豊かな世界観にファンも多く、数々の賞を受賞し、国際的にも高い評価を得ています。夢や理想をイメージしたメロディーを感じるようなパトリック・ギシュトゥの作品は、お部屋に華やかな色どりを添えます。パリから届いた心はずむ物語をぜひご高覧下さい。

アンナ・ナンスキー展 2019年6月12日(水)~18日(火)

***********************************************
アンナ・ナンスキー展 ―記憶と色彩のパズル―
大丸心斎橋店北館12階美術画廊
〒542-8501 大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
電話:06-6271-1231
午前10時~午後8時30分(最終日午後5時閉場)

独学でアクリル絵の具を使った創作活動を始めたアンナ・ナンスキー。
パリの日の光が降り注ぐ広く開放的なアトリエで制作をし、パリを中心
にフランス国内とニューヨークで活発に作品発表を行っています。
今回は、彼女の日本で初の作品発表になります。見るたびに、異なる色、
あらゆる形を発見することのできる、不思議で驚きに満ちた彼女の絵を
この機会にぜひご高覧ください。

佐藤潤絵画展 2019年6月5日(水)~11日(火)

***********************************************
第6回佐藤潤絵画展 松坂屋名古屋店 本館8階美術画廊
佐藤潤 絵画展 -新たなる花鳥百獣の世界ー
松坂屋名古屋店本館8階美術画廊
〒460-8430 名古屋市中区栄3-16-1
TEL 052-251-1111(代表)
10:00~19:30(最終日は16:00閉場)

◆作家来場日◆
6月7日(金)8日(土)9(日)午後1時~午後5時
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。

動物を独自の視点で描く佐藤潤先生。絶滅危惧種の動物たちや保護が必要な森や海などを描く他、古来からの風習や伝統、吉祥などに登場する動物たちを作品の要素として取り入れることで新たな動物画の世界を創り出しています。画紙にもこだわり、竹100パーセントの手透き和紙「竹紙」を使用。
最新作を含む約20点を展観いたします。
この機会に是非ご高覧ください。

俊英作家展 2019年4月2日(火)→5月11日(土)

************************************************************
ランデヴーギャラリー「俊英作家展」想いのままに
2019年4月2日(火) → 5月11日(土)
11:00-18:00(日月要予約/最終日17:00まで)

木口木版で中国の伝統年画を描く漢嘯(カン ショウ)を中心に、
それぞれの制作分野で輝く若き5人の才能を発表いたします。
油彩画の千栄KINKAN・馬渕晃子、そして日本画の諌山宝樹。
切り絵師の今井清香。今後の活躍に期待が出来る喜悦にあふれ
た作家たちです。どうぞご高覧下さい。

佐藤潤絵画展 2019年4月23日(火)~29日(月・祝)

**********************************
リウボウ 7階美術サロン
佐藤潤 絵画展 -新たなる課長百獣の世界ー
リウボウ7階美術サロン
〒900-8503 那覇市久茂地1-1-1
TEL 098-867-1171(代表)
10:00~20:30(最終日は17:00閉場)

◆作家来場日◆
4月27日(土)28(日)29日(月・祝)午後1時~午後5時
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。

色鮮やかな動物たちの世界を描き続ける画家佐藤潤。
保護が必要な動物たちや自然を描く他、動物にまつわる風習や吉祥を作品の要素として取り入れ新しい動物画の世界を創り出しています。
近年は、蛤の貝殻を使って「貝合わせ」の製作もしており、
本展では絵画作品30点の他、新作貝合わせ 作品も出展致します。
この機会に是非ご高覧ください。

俊英作家展 2019年3月13日(水)→19日(火)

*******************************************************************
2019年3月13日(水)→19日(火)
大丸心斎橋店北館12階美術画廊
〒542-8501 大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
電話:06-6271-1231
午前10時~午後8時30分(最終日午後5時閉場)

木口木版で中国の伝統年画を描く漢嘯(カン ショウ)を中心に、それぞれの制作分野で輝く若き5人の才能を発表いたします。油彩画の原田千栄、馬渕晃子、そして日本画の諌山宝樹、切り絵作家の今井清香、どの作家も今後の国内外での活躍に期待ができれる、気鋭にあふれています。

佐藤潤 絵画展 2019年3月18日(月)→26日(火)

**********************************
大丸札幌店8階美術画廊
〒060-0005 札幌市中央区北5条西4丁目7番地
電話:011-828-1111
午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場)

手透き和紙「竹紙」に独創的な鳥獣画の世界を描く画家、佐藤潤。
動物にまつわる風習や吉祥を作品の要素として取り入れることで
新たな動物画の世界を創り出しています。
また、近年は宮崎県日向産の蛤の貝殻を使用した新たな作品づくりにも挑戦しており、国内外から注目されています。
本展では最新作、貝合わせを含む30点を展示致します。
ぜひご高覧ください。

◆作家来場◆
3月21日(木・祝)22日(金)23日(土)24日(日)午後1時~午後5時(24日は午後3時まで)
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。

大杉真司 舞妓展 2019年2月27日(水)→3月5日(火)

**********************************
2019年2月27日(水)→3月5日(火)
下関大丸 5階美術画廊
〒750-8503下関市竹崎町4-4-10
TEL083-232-1111
午前10時~午後7時30分(最終日午後4時閉場)

舞妓を描き続けてきた画家、大杉真司。
舞妓の魅力やはんなりと過ごす日常を温かい視点で描き、観る者の心をほっこりさせます。
作品は京の手ぬぐい、日本酒といった商品のコラボレーションでも親しまれています
今展では独特の線と色遣いでかわいらしく描く舞妓シリーズの油絵を中心に
新作を含め約20点展示販売いたします。
「幸せが舞い込む」とも言われる舞妓の絵をこの機会にぜひご高覧下さい。

◆作家来場◆
3月1日(金)→3月5日日(日) 午後1時~午後5時
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。

マークエステル展 2019年1月15日(火)~21日(月)

**********************************
2019年1月15日(火)~21日(月)
リウボウ 7階美術サロン
〒900-8503 那覇市久茂地1-1-1
TEL 098-867-1171(代表)
10:00~20:30(最終日は17:00閉場)

◆◇◆作家来場◆◇◆
1月15日(火)~21日(月)13時~17時
※予定に変更が生じることがございます。
予めご了承ください。

水墨画の美しいにじみを油絵で表現する技法を独自にあみだし、世界で高い評価を受けているマークエステル。
神社奉納活動で神社本庁からも表彰、世界に向けて日本の精神文化を紹介する姿勢が評価され、
「文化関係者文部科学大臣表彰」を受け、日本神話の魅力を発信し続けています。
豊かな色彩で花々や風景などの自然の美しさと、自然を大切にする日本神話の世界を題材に描いた作品の数々を、この機会にぜひご覧ください。

パリを愛するふたり展 2019年1月8日(火)~3月30日(土)

******************************************

Au rendez-vous des artistes ランデヴーギャラリー
〒602-8158 京都市上京区下立売智恵光院西入ル中務町486
TEL 075-821-7200
午前11時~午後6時 (日曜日・月曜日は予約制) 入場無料
最終日は午後5時閉場

自由と夢を追求し、パリで創作活動を続けるフランス画家パトリック・ギシュトゥと、パリのカフェやお店に宿る美などありふれた風景に潜む詩情を現代的センスで描く日下部和俊。
共にパリを愛する作家の作品を展示販売いたします。ぜひご高覧ください。

大杉真司油絵舞妓展 2018年11月20日(火)~12月22日(土)

******************************************

Au rendez-vous des artistes ランデヴーギャラリー
〒602-8158 京都市上京区下立売智恵光院西入ル中務町486
TEL 075-821-7200
午前11時~午後6時 (日曜日・月曜日は予約制) 入場無料
最終日は午後5時閉場

祇園に暮らす舞妓のはんなりとした愛らしさとあたたかい視線で日常を描く作品をお楽しみください。

  • アークコーポレーションのおすすめ
  • Aritistcollection
  • 山中満子社長のブログ
  • 展覧会情報を見る
  • 過去の展覧会情報