アークコーポレーションWEB SITE

ランデヴ−ギャラリーカフェランデヴ−教室新着情報展覧会情報地図TOPへもどる


坂井昇 画歴

1950年 京都市に生まれる。

1975年 武蔵野美術大学日本画学科卒業、石本正画伯に師事する。イギリス、フランス、イタリアへ研究旅行。
1976年 春季創画展に初出品(以後毎回)
1977年 スイス美術賞展出品(ジュネーブプティパレ美術館に永久収蔵)
1978年 イタリア美術賞展出品。イタリア、ドイツ、ベルギーへ研究旅行。
1979年 ギリシア美術賞展出品。グループ メビウスを結成。「メビウス展」を開催。
1980年 創画会研究会筍々会展出品(以後毎回)花を描く画家として活躍する。日本各地で数々の個展を開催する。
1981年 スペイン、フランスへ研究旅行。
1982年 創画会出品者とともに燦々会を結成する。京都府日本画協会展出品(以後毎回)
1985年 ブロードウェイ新人展。
1991年 二人展「花を描く」(京都/高知/姫路/岐阜)
1992年 初個展「花の還ろひ」近鉄阿部野本店
1993年 個展「坂井昇日本画展」近鉄奈良店
1994年 大阪府主催「海/港/水辺」日本画展
1995年 個展「心の故郷」山形・大沼百貨店
1996年 個展「花華の趣」近鉄阿部野本店/近鉄吉祥寺店
1997年 個展「坂井昇日本画展」近鉄京都店
1998年 個展「坂井昇日本画展」沖縄三越
1999年 個展「坂井昇日本画展」博多大丸/近鉄枚方店
大阪高槻市 藤田胃腸科病院の壁画制作
パラオ共和国大統領官邸より「吉野桜」を依頼、収蔵される。
2000年 東京銀座ぎおん「石」にて個展/個展「小さな絵画展」大津西武
2001年 個展「花の詩華集」高槻松坂屋
2002年 個展「源氏物語」神戸阪急/阪神梅田本店
「源氏物語」にゆかりのある花を描き下ろした「源氏・折々の花」を展開する。
2004年 個展「古都縁の花」京都絵画まつり/日本画「京の今日」出展。
2005年 個展「坂井昇日本画展」高槻松坂屋/個展「花の詩華集」岡山やまとやしき百貨店
個展「万葉集の佳幻」阪神梅田本店
万葉集に歌われた古代の物語を背景に花々を描いた作品を展開する。
2006年 個展「坂井昇日本画展」新神戸オリエンタルTHEGALLERY/近鉄橿原店

2007年 滋賀 園城寺(三井寺)塔頭 法明院障壁画制作
大津歴史博物館にて法明院障壁画完成展
2008年 「源氏物語千年紀」の特別日本画展として全国有名百貨店にて展示会開催。
京都 上賀茂神社にて「源氏物語の草花」展示会開催

毎年、各地の百貨店にて個展を開催している。

創画会所属/京都日本画家協会会員


三井寺法明院の襖絵について
坂井昇先生が三井寺法明院の襖絵を描かれました。三井寺法明院は明治の日本美術家フェノロサの墓があることでも有名なお寺で、
眼下には琵琶湖を一望出来る景勝の地です。書院には鶴沢派の祖、大森捜雲や円山応挙、池大雅などの襖絵が多数残されており
今回、坂井先生は円山応挙が描いた襖の裏側に計7点を描かれました。




2007年 滋賀 園城寺(三井寺)塔頭 法明院障壁画制作
大津歴史博物館にて法明院障壁画完成展


三井寺法明院の襖絵について
この度、日本画家の坂井昇先生が三井寺法明院の襖絵を描かれました。三井寺法明院は明治の日本美術家フェノロサの墓があることでも有名なお寺で、
眼下には琵琶湖を一望出来る景勝の地です。書院には鶴沢派の祖、大森捜雲や円山応挙、池大雅などの襖絵が多数残されており
今回、坂井先生は円山応挙が描いた襖の裏側に計7点を描かれました。
読売新聞記事はこちら

個展出展作品

→これまでの展覧会データ



作家紹介/坂井昇 Noboru Sakai

1950年、京都の呉服商に生まれ。幼い頃より日本の伝統美を身近に感じながら育つ。

1975年 渡欧(フランス・イタリア中心)
1978年 渡欧(ベルギ―・ドイツ中心)
1981年 渡欧(スペイン・フランス中心)

趣味でロックバント活動を毎年展開、また鈴鹿4時間耐久レースチームの監督も勤める。
京都洛陽総合高等学校では教壇にも立つ。








坂井先生がKBS京都の育てている藤袴をモデルに描かれた作品を寄贈されました。
記念式展の模様はニュースでも取り上げられました。


http://www.kk-ark.jp
infoark@kk-ark.jp