品格ある花、世界遺産の地を繊細に描く日本画家

坂井 昇

NOBORU SAKAI

略歴

profile

1950年 京都の呉服商に生まれ、幼い頃より日本の伝統美を身近に感じて育つ。
1975年 武蔵野美術大学日本画科卒業。
代表作に源氏物語全五十四帖をゆかりの花で表現し、千年記の折に上賀茂神社に展示された「源氏花物語」があり、2011年ユニセフグリーティングカードにも採用されている。
また、円山応挙がかつてふすま分を描いた名利三井寺に10年がかりで描き奉納したふすま絵「近江八景」も有名。京都在住。

作品紹介

work introduction

  • 京洛桜楓図

    京洛桜楓図

    原 画

  • 秋草

    秋草

    原 画

  • 醍醐の桜

    醍醐の桜

    原 画

  • 牡丹

    牡丹

    原 画

  • 金閣・雪景

    金閣・雪景

    原 画

  • 銀閣・秋景

    銀閣・秋景

    原 画